プリズムの煌めきを探して

@shohei_tpcのブログです

2019年開幕メンバーを適当に紹介する

現時点で出場登録された選手の紹介
★はぼく注目の選手

投手 12 石山 泰稚 去年の絶対的守護神、去年一昨年とたくさん投げたから今年は怪しいと思う。通称"石山本願寺の和尚"
投手 15 大下 佑馬★ ストレートより速いスライダー投げるわけわからんやつ、二段モーションに変えて更なる飛躍か、劣化するか。
投手 19 石川 雅規★ 200勝まであと37勝、今年は8勝くらいはして欲しい。
投手 20 近藤 一樹 近鉄戦士の生き残り、ヤクルトに来てからボロ雑巾のように投げさせられてるから今年が心配。
投手 29 小川 泰弘 開幕投手。ライアンフォーム封印とはなんだったのか
投手 37 S.マクガフ 新助っ人。8回石山9回マクガフがいいと思う
投手 38 梅野 雄吾★ ヤクルトにはあまりいない豪速球でごり押す人、まだ20歳ですよ
投手 45 D.ハフ 神宮の売店に貼ってあるこいつの写真の顔、すき
投手 53 五十嵐 亮太 おかえり。ナックルカーブの伝道師
捕手 30 西田 明央 (つばみちゃんにとっての)3番手になった人、ポジションでは1番手になれるといいね
捕手 32 松本 直樹 突然撃ち始めた謎強肩捕手
捕手 52 中村 悠平 ★今年FA権取得する正捕手、今年こそは打ってね。あとワニマ変えないで。
内野手 1 山田 哲人 守備走塁の人。トリプルスリーを3回やったのはこの人とバリーボンズだけらしい。
内野手 2 大引 啓次 上田晋也に似てる人
内野手 3 西浦 直亨 会社の先輩が推してる人。去年のショートで2桁打った
内野手 10 荒木 貴裕 勝負所でそこそこ打てる、わりとどこでも守れる便利屋さん
内野手 36 廣岡 大志 ★ ブンブン丸2世、右打者だとバレンティンの次に飛ばす長距離砲。応援歌できたからたくさん打席にたって欲しい。
内野手 39 宮本 丈 上田のインスタによく出てくる宇宙人
内野手 55 村上 宗隆 ★19歳の怪物。シーズン通して出られれば間違いなく新人王取れるけど実は去年の怪我で試合出てないことが結構あった。
外野手 4 W.バレンティン ★今年試合に出れば来年から日本人枠になるから張り切るんじゃないすかね
外野手 9 塩見 泰隆 ★比屋根2世かと思いきや打って打って打ちまくる。バレンティン青木雄平坂口からポジションを奪えるか。
外野手 23 青木 宣親 フォームがキモイ。
外野手 41 雄平 どんな球も打てそうとかいってストライクゾーン関係なくブンブン振り回すゴリラ。
外野手 42 坂口 智隆 最後の近鉄野手。彼がヤクルトでファーストやってるって5年前の人に言っても誰も信じないだろうね
外野手 50 上田 剛史 去年のバトルスタジアムで守備No.1に輝いた人。プロ野球選手のオーラが全くない。
外野手 65 田代 将太郎 上田2号。上田より打つしオーラもあるぞ。

開幕ローテ残り
14 高梨 裕稔 秋吉とトレードで来たんだから10勝はしてもらわないと困る。球がよく飛ぶ。
16 原 樹理 原ジュエリーとか言われてたけど去年終盤の怪しさから更に劣化してるぞ。
49 高橋 奎二★ 左のライアン。小川とは違って球が速いぞ。

2018年総括

2017年は45勝96敗2分と壮絶なシーズンを過ごしましたが、1月末に青木選手がメジャーから帰ってきたおかげで75勝66敗2分でセ・リーグ2位になりました。

野手
山田選手の復調、川端選手雄平選手など怪我人の復帰
坂口選手がファーストも守るように。
ショートに西浦選手が定着、2桁本塁打もうってくれた。

投手
ここ数年で一番の先発陣、石山選手が球界屈指のクローザーになる
梅野選手・中尾選手等若い投手陣が戦力になる

今年の躍進はこの辺りが要因でしょうか。

ベストゲーム
・5月6日広島戦
前日に青木選手が頭部死球で欠場、チャンスを8回まで作るもなかなか点に結びつかずに9回2死でもう負けかなと思ったときに代打の大引選手が同点ホームラン。延長で勝ち越されるもその裏に川端選手の同点タイムリー、その次の回に坂口選手のサヨナラタイムリーで「逆転の広島に逆転返し」。この試合があったからこそ今シーズンは9回の異常な得点数・打率を叩き出したのだと思います。

・ワーストゲーム
あまり挙げたくはないので、京セラでの阪神戦のアレとだけ。


来季
今シーズンの終盤に若い戦力が躍動しました。ドラフトで入団した10人に加え、ソフトバンクから寺原選手が入団、そしてついに五十嵐選手が帰ってきました。
秋吉選手・谷内選手とのトレードで日ハムから高梨選手・太田選手が入団。
バレンティン選手・青木選手・雄平選手・坂口選手と外野がおっさん化しているので若手の台頭が早急に求められます。
投手は誰が戦線離脱するかわからないのでまぁ投げられる人は頑張ってください。

最後に、またクライマックスシリーズ出られるといいですね
https://twitter.com/shohei_tpc/status/1051484775997890560?s=21

ワイ「オ、オーガちゃん!根源外さないで!」カイオーガ「うるさいですね.....」スカスカ

ワイ「あ、あぁ~ッ!」

カイオーガ「はい、今日の15戦は終わり。お疲れさまでした」

ワイ「うぅ……あ、ありがとうございました……」

数日前、INCで使うパーティを用意したのだが、『命中不安定技を使うのは1敗が致命的な大会には向いてないのではないか』
という懸念の声があり、結果、オーガちゃんが定期的にを潮噴きしてくれるようになった。しかしオーガちゃんなんだか
ワイのことがキライみたいで、いつもいつも大事な場面で根源の波動外して、レートヒクイヒクイなのだった。

やくるとどらふと

http://www.yakult-swallows.co.jp/pages/info/players/draft2018

指名選手

第1位 交渉権獲得選手 ※根尾→上茶谷→清水
清水 昇(しみず・のぼる)

所属 国学院大学(出身校・帝京高校
ポジション 投手 投・打 右・左 生年月日 1996年10月15日 年齢 22歳
身長 180cm 体重 84kg 出身地 東京都 血液型 A
一言コメント:低めへの制球と決め球のツーシームを武器にゲームを作る能力が高い、MAX151kmの即戦力右腕で1年目からの先発ローテーション入りに期待。

第2位 交渉権獲得選手
中山 翔太(なかやま・しょうた)

所属 法政大学(出身校・履正社高校
ポジション 外野手 投・打 右・右 生年月日 1996年9月22日 年齢 22歳
身長 185cm 体重 95kg 出身地 大阪府 血液型 A
一言コメント:ヘッドスピードが速く、日本人離れした打球の速さ飛距離が魅力で常に全力プレーでガッツもある。和製大砲候補として期待が持てる大型外野手。

第3位 交渉権獲得選手
市川 悠太(いちかわ・ゆうた)

所属 明徳義塾高校
ポジション 投手 投・打 右・右 生年月日 2001年3月29日 年齢 17歳
身長 184cm 体重 76kg 出身地 高知県 血液型 A
一言コメント:スリークォーターから繰り出すストレートは最速149kmを計測。マウンド度胸も良く、1年目からも期待できる高校生トップクラスの投手。

第4位 交渉権獲得選手
濱田 太貴(はまだ・たいき)

所属 明豊高校
ポジション 外野手 投・打 右・右 生年月日 2000年9月4日 年齢 18歳
身長 178cm 体重 80kg 出身地 福岡県 血液型 A
一言コメント:高校生離れしたヘッドスピードと常にフルスイングし広角に打てるパワーヒッター。将来のクリーンアップとして期待できる選手。

第5位 交渉権獲得選手
坂本 光士郎(さかもと・こうしろう)

所属 新日鐵住金広畑(出身校・日本文理大学如水館高校)
ポジション 投手 投・打 左・左 生年月日 1994年9月9日 年齢 24歳
身長 180cm 体重 74kg 出身地 広島県 血液型 B
一言コメント:力投型の投手でストレートのMAXは147km。多彩な変化球も操り、腕の振りも速くスタミナがあるので先発、中継ぎとこなせる即戦力投手。

第6位 交渉権獲得選手
鈴木 裕太(すずき・ゆうた)

所属 日本文理高校
ポジション 投手 投・打 右・右 生年月日 2000年8月2日 年齢 18歳
身長 182cm 体重 87kg 出身地 新潟県 血液型 AB
一言コメント:腕の出所が見えにくく、コンパクトだが153kmを計測。球の強さ、スピードは高校生トップクラスでスケール感があり、将来の先発候補として期待。

第7位 交渉権獲得選手
久保 拓眞(くぼ・たくま)

所属 九州共立大学(出身校・自由ヶ丘高校)
ポジション 投手 投・打 左・左 生年月日 1996年7月27日 年齢 22歳
身長 175cm 体重 75kg 出身地 佐賀県 血液型 B
一言コメント:小柄だが、左の斜めからキレのあるストレートと制球力の高い変化球を操る。左打者も苦にせず先発、ワンポイント、ショートリリーフなどもこなせる万能投手。

第8位 交渉権獲得選手
吉田 大成(よしだ・たいせい)

所属 明治安田生命(出身校・明治大学 ー 佼成学園高校)
ポジション 内野手 投・打 右・左 生年月日 1995年3月7日 年齢 23歳
身長 174cm 体重 78kg 出身地 千葉県 血液型 B
一言コメント:走攻守、三拍子揃った内野手。守備範囲が広く、強肩でスローイングも安定している。1年目からのレギュラー奪取に期待。

育成第1位 交渉権獲得選手
内山 太嗣(うちやま・たいし)

所属 栃木ゴールデンブレーブス(出身校・八戸工業第一高校)
ポジション 捕手 投・打 右・右 生年月日 1996年4月21日 年齢 22歳
身長 172cm 体重 77kg 出身地 青森県 血液型 AB
一言コメント:捕球からの送球までの動作が素早く、二塁送球タイムは1.88秒。打撃にも非凡なセンスがあり、将来の正捕手候補として期待。

育成第2位 交渉権獲得選手
松本 友(まつもと・ゆう)

所属 福井ミラクルエレファンツ(出身校・明治学院大学東福岡高校
ポジション 内野手 投・打 右・左 生年月日 1995年2月5日 年齢 23歳
身長 180cm 体重 82kg 出身地 福岡県 血液型 O
一言コメント:走攻守全てが平均点以上のユーティリティープレーヤー。守備は内外野手どこでもこなせ、パンチ力がある打撃も魅力。

感想

外れ外れで清水でとれたのはでかい。
花咲徳栄の野村欲しかったけど代わりに面白そうな大砲。
3位で市川獲れたのはおいしい。4年目にはローテは入れるといい。
濱田は高齢社会の外野解決できそうな人。
6位の鈴木も将来期待が高い。
と、即戦力を乱獲ではなく望み通り高校生3~4人の指名もできたしいいヤクルトにしてはいいドラフトができたと思う。

ただ投手7人クビにしたのにこれで大丈夫か?と思うところもある。
以上。

去年のドラフトをふりかえる

こんばんは。
早いものでプロ野球ドラフト会議があと再来週に迫っていますね。

中日とかは1位根尾って公言してますがヤクルトはマジで謎。
前情報3年前は高山!一昨年は田中佐々木山岡!去年は清宮!って言ってたけど。

誰指名するか全然わからないのでとりあえず去年ドラフトで獲った選手の今年の様子でも振り返ろうかと。
ただドラフトは指名した年から4・5年はみないとちゃんと評価出せないってよく言われますけどね。
去年獲った人
xyz114514.hatenablog.com

指名選手

×清宮幸太郎  内野手  早稲田実業高校

1.村上 宗隆  捕手  九州学院高校

2.大下 佑馬  投手  三菱重工広島

3.蔵本 治孝  投手  岡山商科大学

4.塩見 泰隆  外野手 JX-ENEOS

5.金久保 優斗 投手  東海大学付属市原望洋高校

6.宮本 丈   内野手 奈良学園大学

7.松本 直樹  捕手  西濃運輸

8.沼田 拓巳  投手  石川ミリオンスターズ

 
彼らが今年どうだったか赤字で追記しました

1位村上
f:id:xyz_1031:20171027200831j:plain

安田競合回避もあったがハズレで3球団競合した逸材。打てる捕手になれれば万々歳だが多分一塁三塁外野のコンバートだろう。近い将来チームの主砲となるような選手へと期待が高まる。

入団当初は高卒とは思えないほど身体が完成されていてなんだこの(身体)バケモノって言われてた。
そんな村上の2軍成績
打率2割8分8厘(イースタン3位) 17本塁打イースタン2位) 16盗塁(イースタン3位)
頭おかしい
昨日フェニックスリーグで3打席連続ホームランやってたし。
マジで再来年あたり1軍で4番打ってそう。

2位大下
f:id:xyz_1031:20171027200847j:plain


チーム状況がアレなので2位はまぁ大卒か社会人投手かもなと思ったらその通りの指名。評価が低めなのが心配なうえに過去3年間ヤクルトに指名された社会人選手は去年入団した菊沢以外全員クビになっている事実が怖すぎる。亜大出身でMAX150らしい。

 ドラフト時は「謎指名」「こんなの2位とかありえん」とか散々の言われようでした。
まぁドラフト後の日本選手権であの田嶋に投げ勝ったんでぼくはまぁ信じてましたけどね。
ただ春キャンプの時球速130キロ台しかでなかったのでこらアカンわ、って思った時もありましたけども。
彼の1軍初登板の日、ジャイアンツ戦。ちょうどスタンドから見てたんだけど早々と終戦モードになってその試合の楽しみは大下が投げるかもしれないってことしかなかった。
そんな時に大下が登板したら打者から次々に三振を奪ってびっくりしたわ。
ストレートは大体140キロくらいなんだけどスライダー(?)がストレートより早かったりする謎投球するんですよ。
前評判ボロッボロだったのにふたを開けてみれば新人全体で見ても上から何番目って感じの活躍してたよ。

3位蔵本
f:id:xyz_1031:20171027200855j:plain


投げ方が怪しいゴリラ。大学時に靱帯やってトミージョン済


 1軍で投げてないので知らない。今年1年2軍に漬けたので来年か再来年あたりに出てきてほしい。
 

 4位塩見
f:id:xyz_1031:20171027200908j:plain

10/26現在で外野手が7人しかいないので当然外野手指名。

2軍ではホームランも結構打ってて1軍での打席がすごく楽しみだった。
ただデビューから24打席無安打でなかなか結果が出なかったけどいい当たりが野手の正面に行くことが多かったのでいつか出ると思ってたら
この前彼の初ヒットを現地で見れました。塩見のヒットがあの試合で一番盛り上がった。

 

5位金久保
f:id:xyz_1031:20171027200914j:plain


素材型の高卒。地元がクソ近いので期待が高い。

2年半2軍に漬けたら高橋が覚醒したので彼もじっくり2軍で力をつけてほしい。待ってます。 


6位宮本
f:id:xyz_1031:20171027200922j:plain


大学No.1遊撃手がこの順位で取れたのはおいしい。ショートで宮本とか期待しないヤクルトファン いないでしょ。履正社高校出身なので山田との履正社二遊間が実現か・・・?同学年の遊撃手には奥村がいるので競争に勝てるか。

もう少し長打が欲しい。でもいいところで犠牲フライとかタイムリーうってくれてありがとう!
そういえば宮本の初打席現地で見たわ。
上田のインスタ曰く宇宙人らしい。

7位松本
f:id:xyz_1031:20171027200932j:plain


捕手が足りない、村上はコンバートだろうから社会人で評価の高い松本指名は納得。打撃がどこまで伸びるか。

オープン戦で西川刺した。すごい。
 

8位沼田
f:id:xyz_1031:20171027200950j:plain


最速155km/h右腕の隠し玉。150キロを超えるボールを投げる日本人はヤクルトには数人しかいないので非常に楽しみな選手。

うーん。高津小野寺赤堀の魔改造を信じよう。


2017年は1年だけで見てもいい感じなので2018年もドラフト頼むぞ。

個人的に中央学院のおおたにくんが志望届ださなかったのが残念。

別れ、そして新しい風

10月2日のサンケイスポーツと日刊スポーツの一面に「由規退団」と大きく書かれた。
かつて甲子園最速155km/hを計測しドラフト5球団競合、プロ入り後に当時日本人最速161km/hを計測した佐藤由規投手(28)が退団することになった。
ヤクルト球団社長、由規の退団に「苦渋の決断」「本人の決意を尊重」 - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)


毎年10月1日からプロ野球の各球団が来シーズン契約を結ばない選手を発表(戦力外通告)する。

ヤクルトからは9月末に山本哲哉投手(33)と松岡健一投手(36)が現役引退を表明した。
そして今日(10月2日)8人の選手が戦力外通告を受けた。

由規    投手
大松尚逸  内野手
成瀬善久  投手
鵜久森淳志 外野手
久古健太郎 投手
比屋根渉  外野手
古野正人  投手
菊沢竜佑  投手(引退)


山本選手は2度の靱帯再建手術(話題の大谷がやったやつ)を乗り越え苦しい台所事情を支えてくれた。近年では大差で勝ってるか負けてるかのどちらかの試合に登板することが多く、特に大差負けの時はライトスタンドにいる半分の人は彼の登場曲「浪漫飛行」を聞くために試合を見ているといっても過言ではなかった。ありがとう。

松岡選手は自由獲得枠(逆指名)でヤクルトに入団してくれた。あとわずかで一軍通算500登板を達成するところまで来るなど、苦しい投手陣を支える活躍を見せてくれた。あと1年はやれると思っていたが引退を決めてしまった。ぼくは登場曲「突然」大好きなのでもう聞けないのが本当に悲しい。

由規選手は今シーズン2度も5連敗中のチームの連敗を止めてくれた。本当にありがとう。新天地での活躍を期待しています。

大松選手は昨年2度のサヨナラホームランやセパ同日優勝決定阻止の決勝打を打つなど記憶に残る活躍を見せてくれた。彼の粘るバッティングを見習ってほしい。

成瀬選手はFAで来たけど結果は振るわず昨年は二軍のイニングイーターだったし今年はほとんど投げてなかったのでクビはわかっていた。けど彼がいなかったら3年前の優勝はなかったからありがとう。

鵜久森選手は数少ない1発を期待できる選手だったがここ2年は2軍でも打てていなかったのでまぁクビだろうなぁと思っていた。

久古選手は左キラーとして特に優勝した年は大活躍した。ぼくは大好きでした。

比屋根選手は伝説のドラフト(ヤクルト 2011年 ドラフト でいろいろでてくる)の生き残りだったけどついに戦力外。守備走塁でやらかしまくって多くのヤクルトファンのヘイト溜めてたし、ぼくもヘイト溜めてたけどここ2年は2軍で撃ちまくってたのにほとんど1軍でのチャンスを与えられない扱いには同情した。まだまだやれると思うので、他球団が獲得してくれることを祈ってます。

古野選手も伝説のドラフトの生き残り。けがで育成選手になったが今年再び支配下選手になり1軍で勝利を挙げたのでクビはないと思っていたのでまだ現実を受け入れられていない。

菊沢選手は28歳で軟式からプロ入りするという異色の経歴。まぁスポンサーのコネで指名されたんだけど、彼の座右の銘「Never too late(遅すぎるということは絶対にない」とあるように結果を出してくれると思ってた。2軍で好投しまくってたのに1軍でお呼びにかからなかったので本当に残念。試合見てないけど。結局プロ生活2年で引退とは現実は厳しい。



プロ野球はその年1軍の試合に出ることができる支配下登録枠が70人までと決まっているので、新しい選手を獲得するためにはその分今いる選手を切らないといけない。

昨年45勝96敗2分と暗黒のシーズンを過ごしたヤクルトは今日、高卒3年目の高橋奎二選手がプロ初勝利を上げてシーズン2位を確定させた。高橋選手は2015年にドラフト3位で入団した期待の若手投手。高津2軍監督は去年の開幕前から「高橋と梅野は数年後には投手陣の中心になる」って仰ってた。そんな期待に見事応える力投を見せた。
明日の予告先発2015年ドラフト1位の原樹理投手は今シーズン後半戦防御率1点台と大活躍。
2015年のドラフト2位は廣岡大志選手は今シーズン高卒3年目ながら開幕ショートに選ばれた。今日はベンチだったよ。


「春は別れと出会いの季節」とあるがプロ野球は秋が「別れと出会いの季節」だと思います。別れは辛いですがその分新たな出会いがあります。
今回チームを去った10人のためにも、次の世代がどんどん出てきてほしい。


おわり